家庭菜園土作り、バーク堆肥、液体有機肥料はグリーン総業

GreenBlog

ホーム製品紹介会社情報事業案内代理店・販売店募集お問い合わせ

バーク

「バーク堆肥」とは

 土づくりに最も適したバーク堆肥作りを目標に、当社の製造工程では、樹皮に家畜排泄物を一切使用せず、酵素菌、乳酸菌類を使用することで有効生菌を繁殖させます。

 保水性がよく乾燥を防止できる、緩衝力が高く植物の栄養障害を緩和できる、肥効効果が持続するなどの特徴があります。近年、土づくり運動や環境保全型農業への指向が高まっており、バーク堆肥の使用量も増加しています。

 また、最近ではその比重の軽さが着目され、屋上など人口土壌の一部としても利用されています。


伐根材の有効利用

伐根材

 原料は国内の森林から出た伐根材を使用しています。

 建築廃材には重金属等が混入、外材は塩害や防虫剤、防腐剤等の混在の危険性があるため、一切扱いません。

 安全で健康なバーク肥料にするためのこだわりです。


バーク堆肥ができるまで

一連の流れ

1:原料 2:伐根 3:集積
         
一次処理(破砕)
4:一次処理
(破砕)
二次処理(コンポスト化)
5:二次処理
(コンポスト化)
製品
6:製品

熟成舎

針葉樹熟成舎広葉樹熟成舎

袋詰め

醗酵した堆肥は、フルイ機にかけ、調合し袋詰めをします。